カリン(バラ科ボケ属)
@分布等:本州、四国、九州 で植栽。中国大陸原産の落葉小高木。高さ5〜10mになる。成木では樹皮がうろこ状に剥げ、緑色や褐色のまだら模様の独特の樹肌となる。
A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-互生-きょ歯あり-単きょ歯-側脈は葉縁に達しないか不明瞭-きょ歯は葉身の全体にある-落葉性(図31)。
B葉は長枝で互生し、短枝で束生する。葉身は 長さ5〜10cm、幅 3.5〜5.5cmの倒卵形〜楕円形。葉柄は0.1〜1cm。葉の先端は短く突き出して鋭く尖り、基部は広い楔形。縁には先端が腺に終わる細かいきょ歯が多数あり、先は黒い点に見える
C葉は硬い質感があり、表面は緑色で光沢があり、葉脈上に毛が散生する。裏面は淡緑色で、はじめ黄白色の軟毛に覆われるが、のち無毛か脈沿いに少し残る。葉柄には、はじめ軟毛と先端が腺に終わる細かいきょ歯があり、のち、次第に減るが、細かいきょ歯は残る。若い枝は、はじめ軟毛があるが、のち無毛となり、紫黒色を呈す
D花期は4〜5月。短枝の先に直径約3cmの淡紅色の花が1個ずつ付く。花弁と萼片は各5個で、両性花と雄花が混生する。果実はナシ状果。直径10〜15pの楕円形で、10〜11月に黄色に熟し芳香がある。
E名前の由来:材の木目が東南アジアに産するマメ科のカリン(花櫚)に似ているからという。
葉表 葉裏
葉表拡大 葉表拡大2
葉裏拡大 花(雄花)
花(両性花) 若い実
近影 成木の幹
全影  
 
inserted by FC2 system