エンジュ-イヌエンジュ-ハリエンジュ
  エンジュ イヌエンジュ ハリエンジュ
マメ科エンジュ属 マメ科イヌエンジュ属 マメ科ハリエンジュ属
葉と
@分布等:北海道、本州、四国、九州 で栽培。中国原産の落葉高木。

高さ15〜25mになる。
A分類:広葉樹(直立性)-複葉-1回羽状複葉-互生-きょ歯なし(図7)。
B葉は長さ 12〜25cmの奇数羽状複葉で互生する。

4〜7対の小葉がほぼ対生する
@分布等:北海道、本州(関東・中部地方以北) の山地に自生する落葉高木。日本固有種。

高さ10〜15mになる。
A分類:広葉樹(直立性)-複葉-1回羽状複葉-互生-きょ歯なし(図7)。
B葉は長さ20〜30cmの奇数羽状複葉で互生する。

3〜6対の小葉がほぼ対生する。
@分布等:北海道、本州、四国、九州 で植栽。北米中東部原産の落葉高木。「ニセアカシア」の呼び名が一般的。
高さ15〜20mになる。
A分類:広葉樹(直立性)-複葉-1回羽状複葉-互生-きょ歯なし(図7)。
B葉は長さ 12〜25cm、幅 4〜7cmの奇数羽状複葉で互生する。
3〜11対の小葉がほぼ対生する。
葉表
C小葉は長さ2.5〜5cm、幅1.5〜2.5cmの長楕円形または長卵形で、全縁。
D先端は鋭く尖るかやや尖がり、基部は円形。
E小葉柄は0.2〜0.3cm。
F質は薄く、表面は濃緑色で脈上に毛がある。
C側小葉は長さ4〜7cm、幅 3〜4cm の卵形で、全縁

D小葉の先端は鈍く尖り、基部は円形。
E小葉柄は0.2〜0.3cm。
F質は薄く、表面は濃緑色で毛が散生するか無毛。
C小葉身は 長さ2.5〜5cm、幅 2〜2.5cmの楕円形で、全縁。

D先端は円いか少し窪み、中央は針状となる。基部は円形。
E小葉柄は0.2〜0.5cm。
F質は薄く、表面は明るい緑色で、脈上に短毛がある。
葉裏
G裏面は灰白緑色で白毛が全面に密生する。 G裏面は帯黄緑色で淡褐色の軟毛が全面に密生する。 G裏面は淡緑色で脈上に短毛がある。
葉裏
拡大
H小葉柄には少し長い毛がが密生する。 H小葉柄には帯黄緑色の軟毛が密生する H小葉柄には帯黄緑色の軟毛が密生し、小葉柄にも棘がある場合が多い。
冬芽
I冬芽は葉痕の中に隠れてる隠芽(いんが)で、葉柄の根元のふくらみの中にある。(写真は葉を外したもので、葉痕の中に冬芽が見える。) I冬芽は、魚の鱗のような皮や毛で被われている鱗芽(りんが)である。 I冬芽は葉痕の中に隠れてる隠芽(いんが)で、この写真では見えない。
托葉の変化した棘が見える。
J果実は豆果。長さ 4〜8cmで数珠状にくびれる J果実は豆果で、長さ4〜9cm、幅 約1cmの鞘状 J果実は豆果で、長さ5〜10cm、幅 約1.5〜2cmの鞘状
見分け方のポイント
(1)小葉の先端を見る。凹んでいればハリエンジュ。尖っているものはエンジュかイヌエンジュ。
(2)エンジュかイヌエンジュかは、次による。
*小葉の形は、エンジュの楕円形に対し、イヌエンジュは卵形で基部寄りで幅が広くなる。
*少葉の先端は、エンジュが尖るのに対し、イヌエンジュは鈍く尖る。
*冬芽は、エンジュでは見えないが、イヌエンジュでは、見える。
*果実がある場合は、数珠状にくびれているのはエンジュで、鞘状であればイヌエンジュ。
inserted by FC2 system