カシワ - ミズナラ - コナラ - ナラガシワ
  カシワ ミズナラ コナラ ナラガシワ
ブナ科コナラ属 ブナ科コナラ属 ブナ科コナラ属 ブナ科コナラ属
葉と
@分布等:北海道、本州、四国、九州 の山地に自生する落葉高木。雌雄同株。
高さ15〜17mになる。
A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-互生-単きょ歯-側脈は葉縁に達する-落葉性(図29)。
B葉はらせん状に互生し枝先に集まってつく
@分布等:北海道、本州、四国、九州の山地に自生する落葉高木。雌雄同株。
高さ20〜30mになる。
A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-互生-単きょ歯-側脈は葉縁に達する-落葉性(図29)。
B葉はらせん状に互生し枝先に集まってつく。
@分布等:北海道、本州、四国、九州の山地に自生する落葉高木。雌雄同株。
高さ20〜25mになる。
A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-互生-単きょ歯-側脈は葉縁に達する-落葉性(図29)。
B葉はらせん状に互生し枝先に集まってつく。
@分布等:本州(岩手県・秋田県以西)、四国、九州 の山地に自生する落葉高木。雌雄同株。
高さ20〜25mになる。
A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-互生-単きょ歯-側脈は葉縁に達する-落葉性(図29)。
B葉はらせん状に互生し枝先に集まってつく。
葉表
C葉身は、長さ 10〜30cm、幅 6〜18cmの倒卵状楕円形。
D葉柄は極めて短く長さ 0.2〜0.3cm。
E先端は急に鈍く尖り、基部は細くなり葉柄の左右に耳たぶ状に張り出す。
F葉縁は波状の大きなきょ歯がある。

G側脈は8〜12対で、枝分かれしないできょ歯に入る。
H質は厚くやや革質。表面は濃緑色で、若い葉では短毛や星状毛を散生するが、のち無毛。
C葉身は長さ 7〜20cm、幅 5〜9cmの倒卵形〜倒卵状楕円形。
D葉柄は極めて短く長さ 0.2〜0.3cm。
E先端は急に鋭く尖り、基部は細くなり葉柄の左右に耳たぶ状に張り出す。
F葉縁には三角状の粗いきょ歯がある。

G側脈は13〜17対で、枝分かれしないできょ歯に入る。
H葉は洋紙質で、表面は濃緑色で若い葉は軟毛があるが、のち無毛。
C葉身は、長さ 5〜15cm、幅 4〜6cmの倒卵形〜倒卵状楕円形。
D葉柄は長さ1〜1.2cm
E先端は鋭く尖り、基部は円形〜楔形


F葉縁には大型のやや丸みを帯びて鋭く尖るきょ歯がある。
G側脈は12〜14対で、枝分かれしないできょ歯に入る。
H葉は洋紙質。表面は濃緑色で光沢があり、はじめ絹毛があるが、のち無毛。
C葉身は、長さ 10〜30cm、幅 4〜12cm の倒卵状長楕円形。
D葉柄は長さ1〜3cm。
E先端は短く尖り、基部は広い楔形


F葉縁には粗い大きな波形のきょ歯がある。

G側脈は10〜15対で、枝分かれしないできょ歯に入る。
H葉はやや厚く革質で、葉の表面は深緑色で無毛。
葉裏
I裏面は灰緑白色で短毛と星状毛が密生し、黒色の小腺点が散生する。
J若い枝には縦に溝があり灰褐色の短毛と星状毛が密生し、円い皮目を散生する。
I裏面は淡緑色で微毛と絹毛が葉脈上にの残る。 

J若い枝は淡褐紫色で、はじめわずかに絹毛があるがのち無毛い皮目が散生する。
I裏面は灰白色で微毛と斜上する長い絹毛が密生する。
J若い枝は灰褐色〜淡褐色で細く、はじめ絹毛が密生するが、のち無毛。
I裏面は、灰白色で星状毛が密生する。

J若い枝は淡緑色で、はじめ毛があるが、のち無毛。まるい皮目が散生する。
葉表
拡大
F葉縁は波状の大きなきょ歯がある。 F葉縁には三角状の粗いきょ歯がある。 F葉縁には大型のやや丸みを帯びて鋭く尖るきょ歯がある。 F葉縁には粗い大きな波形のきょ歯がある。
葉表
拡大2
D葉柄は極めて短く長さ 0.2〜0.3cm。基部は細くなり葉柄の左右に耳たぶ状に張り出す。 D葉柄は極めて短く 0.2〜0.3cm。基部は細くなり葉柄の左右に耳たぶ状に張り出す。 D葉柄は長さ1〜1.2cm。基部は円形〜楔形。 D葉柄は1〜3cm。基部は広い楔形。
葉裏
拡大
I裏面は灰緑白色で短毛と星状毛が密生する。

J若い枝には縦に溝があり灰褐色の短毛と星状毛が密生する。
I裏面は淡緑色で微毛と絹毛が葉脈上に残る。

J若い枝は淡褐紫色で、はじめわずかに絹毛があるが、のち無毛、円い皮目が散生する。
I裏面は灰白色で微毛と斜上する長い絹毛が密生する。
J若い枝は灰褐色〜淡褐色で細く、はじめ絹毛が密生するが、のち無毛。
I裏面は、灰白色で星状毛が密生する。

J若い枝は淡緑色で、はじめ毛があるが、のち無毛。まるい皮目が散生する。
見分け方のポイント
カシワ、ミズナラ、コナラ、ナラガシワ 
は、同じブナ科コナラ属に属し、葉形が倒卵形〜倒卵状楕円形で、葉がらせん状に枝につく点でよく似ているが、以下により見分けることができる。
(1)カシワとミズナラは、葉柄がほとんどなく葉身の基部が耳たぶ状になることで、葉柄が明らかにあり、葉身の基部が円形〜楔形のコナラ、ナラガシワと区別できる。
(2)カシワとミズナラの違いは、カシワはきょ歯が大きな波形であり、若い枝に毛が密生するに対し、ミズナラは、きょ歯が鋭い三角状で、若い枝には毛がないことで区別する。
(3)コナラとナラガシワの違いは、コナラはきょ歯が鋭く尖るに対し、ナラガシワはきょ歯が波形であるとで区別する。
inserted by FC2 system