ムラサキシキブ - ヤブムラサキ - コムラサキ
  ムラサキシキブ ヤブムラサキ コムラサキ
シソ科ムラサキシキブ属 シソ科ムラサキシキブ属 シソ科ムラサキシキブ属
葉と
@分布等:北海道(南部)、本州、四国、九州、沖縄 の山地に生育する落葉低木。

高さ2〜3mになる。
A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-対生-きょ歯あり-落葉性-側脈は葉縁に達しない-下面に星状毛なし(図19)。
B葉は対生する。
@分布等:本州(宮城県以西)、四国、九州 の山地に自生する落葉低木。
根元から分岐し斜上して、高さ2〜3mになる。
A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-対生-きょ歯あり-落葉性-側脈は葉縁に達しない-下面に星状毛あり(図18)。
B葉は対生する。
@分布等:本州、四国、九州,、沖縄 の山麓や湿地、湿った原野に自生する落葉低木。
枝は細長く伸びて先が垂れ下がり、高さ1〜2mになる。
A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-対生-きょ歯あり-落葉性-側脈は葉縁に達しない-下面に星状毛なし(図19)。
B葉は対生する。
葉表
C葉身は、長さ 6〜13cm、幅 2.5〜6cmの倒卵状長楕円形。

D葉柄は0.2〜0.7cm。
E葉脈は7〜10対。
F先端は尾状に長く伸びて尖り、基部は狭い楔形で葉柄に流れる。
G葉縁には細かいきょ歯がある。
H葉は薄い洋紙質で、表面は濃緑色、少し毛があるか無毛。
I裏面は淡緑色で、少し毛があるか無毛、全面に淡黄色の腺点が散生する。

J葉柄は若いときは星状毛がある。枝は淡褐色で若いときは星状毛があるが、のち無毛。皮目は楕円形でやや多い。


C葉身は、長さ 6〜13cm、幅 2.5〜6cmの広卵形〜長楕円形。
D葉柄は0.5〜1cm。
E葉脈は7〜10対。
F先端は尾状に伸びて鋭く尖り、基部は円形または広い楔形。

G葉縁はやや不整な細きょ歯がある、
H葉は薄い膜質。表面は濃緑色で短毛が密生
I裏面は灰緑色で白色の星状毛が密生し、全面に腺点が点在する。触るとビロードの感触がある。
J葉柄・枝にも星状毛が密生する。
C葉身は、長さ 3〜7cm、幅 1.5〜3cmの倒卵状長楕円形。

D葉柄は0.1〜0.4cm。
E側脈は5〜7対。
F先端は尾状に伸びて鈍く尖り、基部は楔形。

G葉縁には上半分に不揃いのきょ歯があるり、
H葉の表面は緑色で毛は少ないが全面にある。
I裏面は淡緑色で葉脈上に毛が少しあり、全面に腺点がある


J葉柄と若い枝は紫色で、はじめ星状毛があるが、のち無毛
葉裏
I裏面は淡緑色で、少し毛があるか無毛、全面に淡黄色の腺点が散生する。 I裏面は灰緑色で白色の星状毛が密生し、全面に腺点が点在する。触るとビロードの感触がある。 I裏面は淡緑色で葉脈上に毛が少しあり、全面に腺点がある
見分け方のポイント
ムラサキシキブ、ヤブムラサキ、コムラサキは、いずれもクマツヅラ科ムラサキシキブ属に属し、低木で対生、葉は楕円形である点で似ているが、以下の点で区別できる。
(1)コムラサキは、樹高が2m以下と低く葉も他の2種より小さいこと、他の2種がきょ歯が全縁にあるに対し上半部にしかないことで区別する。
(2)ムラサキシキブ、ヤブムラサキでは、ムラサキシキブが両面がほぼ無毛か少し毛があるのに対し、ヤブムラサキは短毛が密生、裏面は星状毛が密生し、触るとビロー状の感触があることで区別できる。
inserted by FC2 system