スズカケノキ モミジバスズカケノキ アメリカスズカケノキ
スズカケノキ科スズカケノキ属 スズカケノキ科スズカケノキ属 スズカケノキ科スズカケノキ属
葉と
@分布等:日本各地で植栽。西アジア付近原産の落葉高木。高さは、普通、20mほど。35mに達するものもある。


A分類:広葉樹(直立性)-単葉-分裂葉-互生-きょ歯あり(図12)。
B葉は互生する。
@分布等:日本各地で街路樹・公園樹として広く植栽。スズカケノキとアメリカスズカケノキの交配種。イギリスで作られた交配種で、明治時代に渡来した落葉高木。高さ35mに達する。
A分類:広葉樹(直立性)-単葉-分裂葉-互生-きょ歯あり(図12)。
B葉は互生する。
@分布等:日本各地で植栽。北アメリカ東部が原産の落葉高木。高さは、普通20m程度であるが、40mに達するものもある。


A分類:広葉樹(直立性)-単葉-分裂葉-互生-きょ歯あり(図12)。
B葉は互生する。
葉表
C葉は、掌状に深く5裂〜7裂(通常は5裂)する。切れ込みの深さは葉身の1/2以上。
葉身の 長さ・幅とも 10〜20cmの広卵形。
D葉柄は3〜9cm。
E裂片の縁には不揃いの粗いきょ歯があり、先端は鋭く尖り、基部は広い楔形。基部の少し上から3主脈が出る。
F葉の表面は緑色で光沢がある。
C葉は、掌状にやや深く3裂〜5裂(通常は5裂)する。切れ込みは葉身の1/2程度。
葉身の長さ 6〜20cm、幅 7〜22cmの広卵形。
D葉柄は 3〜8cm。
E裂片の縁には不揃いの粗いきょ歯がある。先端は鋭く尖り、
基部は楔形〜浅い心臓形。基部の少し上から3主脈が出る。
F葉の表面は鮮緑色で光沢がある。
C葉は、掌状に浅く 3裂(稀に5裂)する。切れ込みの深さは葉身の1/2以下。
葉身は 長さ 5〜20cm、幅 8〜22cmの広卵形。
D葉柄は 3〜8cm。
E裂片の縁には不揃いの粗いきょ歯がある。先端は鋭く尖り、基部は切形〜浅い心臓形。基部の少し上から3主脈が出る。
F葉の表面は緑色で光沢がある。
葉裏
G裏面は淡緑色。 G裏面はやや黄色みがかった緑色。 G裏面は淡緑色。
葉裏
拡大
H両面ともはじめ灰白色の星状毛が密生するが、しだいに落ち、裏面の脈腋以外は無毛となる。
I托葉は膜質で筒状、縁にはきょ歯がある。
J若い枝は灰緑色で、はじめ星状毛が密生するが、後無毛。小さな皮目が多数ある。
H両面ともはじめ灰白色の星状毛が密生するが、しだいに落ち、裏面の脈腋以外は無毛となる。
I托葉は膜質で筒状、縁にはきょ歯がある。
J若い枝は灰白色で、はじめ星状毛が密生するが、後無毛。小さな皮目が多数ある。
H両面ともはじめ灰白色の星状毛が密生するが、しだいに落ち、裏面の脈腋以外は無毛となる。
I托葉は膜質で筒状、縁にはきょ歯がある。
J若い枝は赤褐色〜黄褐色で、無毛。小さな皮目が多数ある。
K果実はそう果で、直径約3cmの球形の集合果を作り、普通、3〜5個が縦に連なってぶら下がる。。 K果実はそう果で、直径約4cmの球形の集合果を作り、普通、2〜3個(稀に1個または4個)が縦に連なるか、枝分かれしてぶら下がる。 K果実はそう果で、直径約3cmの球状となり、普通1個(稀に2個)が枝先にぶら下がる。
樹皮
L樹皮は、薄く大きく剥がれて、緑渇色と灰白色のまだら模様となる。 L樹皮は薄く大きく剥がれて、暗褐色と緑と灰白色のまだら模様となる。 L樹皮は、縦に割れが入り、剥がれないか、小さく剥がれて茶褐色と淡黄色の荒れたまだら模様となり、他の2種ほどきれいな肌とならない。
見分け方のポイント
スズカケノキ、モミジバスズカケノキ、アメリカスズカケノキの3種は、ともにスズカケノキ科スズカケノキ属に属し、よく似ているが、モミジバスズカケノキは、スズカケノキとアメリカスズカケノキの交雑種であるため、両樹種の中間的な特徴を持っていることにより、次の点に留意して見分けることができる。
(1)葉は3種とも掌状に分裂するが、分裂の数は、多い順に、スズカケノキ、モミジバスズカケノキ、アメリカスズカケノキで、スズカケノキが5〜7裂(通常は5裂)、モミジバスズカケノキは3〜5裂(通常は5裂)、アメリカスズカケノキは普通は3裂(稀に5裂)。
(2)切れ込みの深さは、深い順に、スズカケノキ、モミジバスズカケノキ、アメリカスズカケノキとなっており、具体的には、スズカケノキが葉身の1/2以上モミジバスズカケノキは葉身の1/2程度アメリカスズカケノキは1/2より浅い
(3)果実の数は、多い順に、スズカケノキ、モミジバスズカケノキ、アメリカスズカケノキで、スズカケノキが3〜5個モミジバスズカケノキは2〜3個(稀に1個または4個)、アメリカスズカケノキは1個(稀に2個)。
(4)樹皮は、スズカケノキ、モミジバスズカケノキは大きく薄く剥がれて、きれいなまだら模様となるに対し、アメリカスズカケノキは、剥がれないか、小さく剥がれて荒れたまだら模様となり、他の2種ほどきれいな肌とならない。
inserted by FC2 system