ヤナギ属の検索表
枝は下垂する シダレヤナギ  枝は下垂し、葉は線状披針形
枝は下垂しない
葉は対生する
(時に互生も混じる)
コリヤナギ 葉は線状披針形で、長さは幅の5倍以上。葉の基部は枝を抱かない。 
イヌコリヤナギ 葉は角ばった楕円形で、長さは幅の3倍程度。葉柄はほとんどなく 葉の基部は枝を抱く
葉は互生する 葉は広い楕円形 数年枝の裸材にある隆起線は顕著
(長さ7〜25mm)
サイコクキツネヤナギ 葉の表面は葉脈が凹みシワガ目立つ。葉先は急に尖る。葉裏には鉄さび色の毛が密生し、新葉の縁は巻かない。低木で株立ちとなる。 
バッコヤナギ 葉の表面は葉脈が凹みシワガ目立つ。葉先は鈍く尖る。葉裏には白毛が密生し、新葉の縁は外反する。小高木で1本立ちする。 
隆起線は目立たない (長さ2〜3mm) マルバヤナギ きょ歯の先は尖り、葉柄にの表面に1対の腺体がある。托葉は腎形新葉は赤味を帯びる。高木で1本立ちする。
ヤマヤナギ きょ歯の先は丸く、葉柄に腺体はない托葉は鎌形新葉は赤味を帯びない。中木で株立ちとなる。
葉は狭楕円形
または
披針形
小枝が分岐点で折れやすい
枝先は太い(径:1.7〜3.4mm) オオタチヤナギ 葉の最大幅が中央寄りにある披針形で、側脈の主脈からの開出度は50°以上。 
ジャヤナギ 葉の最大幅は基部寄りにある披針形で、側脈の主脈からの開出度は45°以下。 
枝先は細い(径:0.4〜1.7mm) コゴメヤナギ 葉の形は細長く伸びた披針形。表面は濃緑色で、裏面は粉白色。 両面とも毛が少ない
ヨシノヤナギ 葉の形がずんぐり形の披針形。両面に毛があり黄色味を帯びる。 
小枝が分岐点で折れにくいもの 新葉の縁は巻かない ネコヤナギ 側脈が湾曲してほぼ等間隔に出て、裏面に著しく隆起する。葉裏全面に白毛が密生する。葉柄の基部はしばしば肥厚して冬芽を覆う托葉は大型の腎形で目立つ。 
タチヤナギ 側脈は目立たず、裏面に隆起しない。葉裏は無毛である、葉柄の基部は肥厚しない。托葉は目立たない
新葉の縁は外反する オノエヤナギ 表面は葉脈が凹みシワが目立つ。葉縁は外反し托葉は細長く枝を抱くように着く。 高木で1本立ちする。
カワヤナギ 表面は葉脈が凹まずシワはない。葉縁は外反しない。托葉は槍の穂先状である。 低木で株立ちとなる。






inserted by FC2 system