サザンカ(ツバキ科ツバキ属)
①分布等:本州(山口県)、四国、九州、沖縄 の暖地の低山に自生する常緑小高木。日本固有種。高さ2~13mになる。樹皮は灰褐色で平滑。多数の園芸品種がある。
②分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-互生-きょ歯あり-単きょ歯-側脈は葉縁に達しないか不明瞭-きょ歯は葉身の全体にある-常緑性(図30)
③葉は互生し、葉身は 長さ  3~6cm、幅 2~3cmの長楕円形~卵状楕円形。葉柄は0.2~0.5cm。
先端は尖るか鈍く尖り、少し窪むことが多い。基部は広い楔形~円形。葉縁は鈍いきょ歯があり、全体がやや反り返る。側脈はやや不明瞭。
④葉は革質で厚く、表面は深緑色、裏面は淡緑色で、両面主脈と葉柄上面に細毛がある。若い枝は淡褐色で粗毛や長い軟毛がある
⑤花期は10~12月。枝先に直径5~8cmの白い花を多数つける。花弁は普通は5~7個で、ほとんど離生し平開する。雄しべは多数あり離生して筒状とはならず、散るときは花弁がバラバラになって落ちる。果実は蒴果。直径1.5~2cmの球形で、軟毛に密に覆われ、翌年の9月に褐色に熟す。
⑥類似種:「ヤブツバキ」と本種は、ツバキ科ツバキ属の樹で、よく似ているが、次により見分ける。 ヤブツバキは葉が大きく、革質で硬く分厚く、上面は強い光沢があり、両面とも無毛、花は一度に落ちるのに対し、 本種は、葉が小ぶりで、全体がやや反り返る、葉の先端が小さく窪むことが多い、葉柄や若い枝には毛が多く、花びらが一枚づつ落ちる点で区別できる。なお、実がある場合は、本種の実は軟毛でおおわれているのに対し、ヤブツバキの実は無毛であることで見分けることができる。詳しくは「類似種の見分け方」参照。
⑦名前の由来:中国で、葉が茶に似ていることから「山茶」とよばれ、その花を「山茶花」とし、日本では「さんざか」と呼んでいたが、転化して現在の「さざんか」となったという説がある。
葉表 葉裏
葉表拡大 葉表拡大2
葉裏拡大
近影 全影
園芸品種(セツザン)の花
園芸品種(シチフクジン)の花 園芸品種(オトメ)の花
inserted by FC2 system