シナノキ(アオイ科シナノキ属)
①分布等:北海道、本州、四国、九州 の山地に自生する落葉高木。日本固有種。幹は直立し、分岐し、高さ15~20mになる。樹皮は暗灰色~灰褐色で、縦に浅く裂ける。
②分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-互生-きょ歯あり-きょ歯は単きょ歯-側脈は葉縁に達する-落葉性(図29)。
③葉は互生し、葉身の長さ3~10cm、幅4~8cmのゆがんだ円形または広卵形。葉柄は2~5cm。葉先は尾状にのびて鋭く尖り基部はやや左右不対称な心臓形。基部からで5~7本の掌状脈がでる。葉縁には不揃いな鋭いきょ歯がある。側脈は葉縁に達してきょ歯に入る。
④葉の表面は濃緑色で無毛。裏面は緑色で、葉脈の分岐部に淡褐色の毛の塊りがあるほかは無毛。葉柄ははじめ星状毛があるが、のち無毛。托葉は線形で鮮やかな赤色であるが早落性。若い枝は、黄褐色で、はじめ星状毛があるが、のち無毛。ジグザグに伸び、楕円形の皮目が多い。
⑤⑪花期は5~7月。当年枝の葉腋から長さ5~8cmの集散花序を下垂し、淡黄色の花を多数つける。花序の柄には、長さ3~6cmで狭長楕円形の総苞葉がつく。総苞葉の柄は1.5~2cmと長い。レモンに似た香気がある。花は直径約1cmで、花弁、萼片が各5個、雄しべは多数あり、花弁より長く突き出る。果実は堅果。直径0.5~0.7cmの卵球形で、表面には灰褐色の短毛を密生し、総苞葉を残して9~10月に熟す。
⑥類似種:「ボダイジュ」に似るが、ボダイジュは掌状脈が3~5本であるに対し、本種は5~7本であること、葉柄が、ボダイジュは灰黄白色の星状毛が密生しているに対し、本種は無毛であるなどで区別できる。詳細は「類似種の見分け方」参照。<シコクシナノキ>は、四国の山地に分布し、果実は上部を除いて無毛。
⑦名前の由来:皮がシナシナするとか、また、その皮が白いからという。
本種は、旧分類では「シナノキ科」とされていた
葉表 葉裏
葉裏拡大 托葉
花序
果序
実(灰褐色の短毛密生) 近影
近影2 遠景
 
 
inserted by FC2 system