ザボン(ミカン科ミカン属) (別名:ブンタン、ボンタン、ウチムラサキ)
①分布等:果樹として栽培。九州南部などの暖地で多く栽培されている。東南アジア原産の常緑小高木。高さ3~10mになる。多数の栽培品種がある。
②分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-互生-きょ歯あり-単きょ歯-側脈は葉縁に達しないか不明瞭-
             きょ歯は葉身の全体にある-常緑性(図30)

③葉は互生し、葉身は 長さ 8.5~12cm、幅 4~8cm の楕円形。葉柄は1.5~3cm。葉先は鈍く尖りやや凹むが、凹まない葉も混じる。基部は楔形。葉縁は低い波状のきょ歯がある。主脈は両面に隆起し、側脈は裏面のみ隆起する。
④葉は革質で厚く、表面は濃緑色、裏面は黄味を帯びた淡緑色で無数の小さい油点(陽にかざし拡大すると見える)がある。両面とも無毛または、葉縁と裏面の葉脈に沿って短毛がある。葉柄には広い逆三角形状のの翼があり葉柄と翼の縁に短毛がある。若い枝は緑色で稜があり、葉腋から小さい棘がでる
⑤花期は5月。枝先に総状花序をだし、多数の花を付ける。花は白色の5弁花で、花弁の長さは2.2~2.5cmで著しく反転するものが多い。雄しべは約35本で集合して円筒状となる。雌しべは雄しべより長く、柱頭は扁平な円盤状。果実はミカン状果。直径15~21cmの球形または洋ナシ形で、翌年の1~2月に黄色に熟す。柑橘類の中では最も大きい果実で、重さ2kgに達するものもある。外皮は厚く、肉はしまり、果汁は少ないが、味は甘酸っぱく、生食に適し、果皮は砂糖漬けにされる。果肉の色が白色のものを「ザボン」、紅紫色のものを「ウチムラサキ」、また、果実が洋ナシ形のものを「ブンタン」という。「バンペイユ」は、ブンタンの品種の1つで柑橘類で最大の果実をつける。
⑥名前の由来:「ザボン」は、ポルトガル人によって長崎に伝わったもので、ポルトガル語の「zamboa(ザムボア)」に由来する。「ブンタン」は、中国から鹿児島に伝わったもので、清国の船長で謝文旦がもたらした事に由来する。「ボンタン」はブンタンが鹿児島方言でなまって「ボンタン」となったという。「ウチムラサキ」は、果肉の色から。「バンペイユ」は、味や香りが台湾の「麻豆白柚(まとうぺいゆ)」に似ていて,熟期が遅いところから晩生白柚(ばんせいぺいゆ)となり、略して晩白柚(バンペイユ)と名づけられたという。
葉表 葉裏
葉表拡大 葉表拡大2
葉裏拡大 先端が凹まない葉
葉柄の翼
花(ザボン) 花(バンペイユ)
実(左:ザボン、右:バンペイユ) 近影
全影  
 
inserted by FC2 system