ハゼノキ ヤマハゼ ウルシ ヤマウルシ
ウルシ科ウルシ属 ウルシ科ウルシ属 ウルシ科ウルシ属 ウルシ科ウルシ属
葉と枝
@分布等:本州(関東地方以西)、四国、九州、沖縄 で自生または野生化している落葉小高木。雌雄異株。
高さ7〜10m程度になる。

A分類:広葉樹(直立性)-複葉-1回羽状複葉-互生-きょ歯なし(図7)。
B葉は長さ 20〜30cmの奇数羽状複葉(稀に偶数羽状複葉)で枝先に集まって互生する。
@分布等:本州(関東地方以西)、四国、九州、沖縄 の山地に自生する落葉小高木。雌雄異株。
高さ5〜8mになる。

A分類:広葉樹(直立性)-複葉-1回羽状複葉-互生-きょ歯なし(図7)。
B葉は長さ 20〜40cmの奇数羽状複葉(稀に偶数羽状複葉)で枝先に集まって互生する。
@分布等:漆採集のため各地に植栽。中国・インド原産の落葉小高木。雌雄異株。

数本の幹を叢生し、高さ7〜10mになる。
A分類:広葉樹(直立性)-複葉-1回羽状複葉-互生-きょ歯なし(図7)。
B葉は長さ 25〜40cmの奇数羽状複葉(稀に偶数羽状複葉)で枝先に集まって互生する。
@分布等:北海道、本州、四国、九州 の山地に自生する落葉性小高木。雌雄異株。

高さ3〜8m程度になる。

A分類:広葉樹(直立性)-複葉-1回羽状複葉-互生-きょ歯なし(図7)。
B葉は長さ 20〜40cmの奇数羽状複葉(稀に偶数羽状複葉)で枝先に集まって互生し、傘状に見える。
葉 表
C小葉は4〜8対。
C小葉は4〜8対。 C小葉は4〜7対。 C小葉は4〜8対で、下部に行くほど小さくなり丸みを帯びる
葉表拡大
D小葉身は長さ5〜12cm、幅 1.4〜4cmの披針状長楕円形。E葉縁は成木では全縁であるが、幼木では粗いきょ歯が出る。


F小葉柄は0.2〜0.4cm。
G小葉の先は尾状に長く伸びて鋭く尖り先端は小突起となる。基部は楔形で左右不揃い。下向きにやや垂れ下がる
H葉軸は無毛で、しばしば赤味を帯びる。
I側脈は20〜30対で、裏面に少し隆起する。

主脈から分岐する角度はおおよそ60〜85°とヤマウルシより広い。

J小葉の質はやや硬い革質で、表面は緑色〜黄緑色で滑らかでやや光沢がある。
K裏面は緑白色で葉脈の網目がよく見える。両面とも無毛ですべすべした感触がある(稀に裏面脈上に微毛がある。)。
L若い枝は灰褐色〜赤褐色で無毛。突出した小さな皮目が多数ある。
D小葉は長さ4〜13cm、幅 2〜5cmの卵状長楕円形
E葉縁は成木では全縁であるが、幼木ではやや細かく鋭いきょ歯が出る。

F小葉柄は0.1〜0.2cm。
G小葉の先はやや長く伸びて尖り先端は小突起となる。
基部は円形または広い楔形で左右不揃い。
H葉軸と小葉柄は赤味を帯び上面に褐色の開出毛が密生する。I側脈は13〜20対で、表面で凹み、裏面に強く隆起し、表面は凸凹の横シワが目立つ
主脈から分岐する角度はおおよそ60〜85°とヤマウルシより広い。
J小葉の表面は濃緑色で触れると起毛感があり、やや光沢がある。
K裏面は淡緑色で毛が散生し、葉脈上にやや密生する。

L若い枝は灰褐色で、多数の隆起条がある。
D小葉は長さ6〜15cm、幅 3〜7cmの卵状長楕円形
E葉縁は全縁。



F小葉柄は0.3〜0.5cm。
G小葉の先端は短く尖り、基部は円形または広い楔形で左右不揃い。

H葉軸と小葉柄は赤味を帯びることが多く、軟毛が密生する。
I側脈は7〜12対。





J質はやや厚く、小葉の表面は濃緑色で光沢があり、無毛。

K裏面は淡緑色で葉脈上に軟毛が密生する。

L若い枝には軟毛が密生するが、のち無毛。円形または楕円形のこぶ状の皮目がある。
D小葉は長さ4〜15cm、幅 3〜6cmの卵形または楕円形。E葉縁は、成木では全縁であるが、しばしば1〜2個の大きな歯牙がでる。幼木では大きなきょ歯があり目立つ
F小葉柄は0.3〜0.4cm。
G小葉の先端は短く突き出して尖り、基部は円形または広い楔形で左右不揃い。

H葉軸はと小葉柄は、普通赤褐色で軟毛が密生する。
I側脈は6〜10対。


主脈から分岐する角度がおおよそ50〜75°とヤマハゼより狭い。
J小葉の表面は、緑色で葉脈上に毛が散生してざらつき光沢はない。
K裏面は淡緑色で毛が散生し、脈上に軟毛が密生する。

L若い枝は太く、短い軟毛が密生し、円形または楕円形の皮目がある。
見分け方のポイント
ハゼノキ、ヤマハゼ、ウルシ、ヤマウルシは、いずれもウルシ科ウルシ属に属し、@直立性落葉樹であること、A葉軸に翼がないこと、B全縁であることで、よく似ているが、以下の特徴で見分けることができる。
(1)ハゼノキは、@小葉は他の3種より細く先端が細長く伸びて尖ること、A側脈が20〜30本と多いこと。B枝や葉の全体が無毛で、C小葉の表面はやや硬くて光沢があることが特徴。そのほか、D裏面は白緑色で葉脈の網目が緑色に浮かんでよく見えること、E側脈と主脈の角度は60〜85°と大きいこと、F下向きにやや垂れ下がるなどの特徴がある。
(2)ヤマハゼは、ハゼノキににるが、@小葉はハゼノキより幅が広く、先端はハゼノキほど長く伸びないこと、A側脈が13〜20本とハゼノキより少ないこと、B葉の両面や葉軸に毛が多くざらざらしたかんじがあり、光沢がないこと、C葉脈が表面で凹み裏面に隆起するためシワとなって目立つことで区別できる。Dヤマウルシも全体が有毛で似ているが、幹に近い基部の小葉がヤマウルシほど小さく丸くならない点で区別する。
(3)ウルシは、@葉が4種の中でひときわ大きいこと、A小葉は通常は4〜5対と少ないこと、B小葉の表面は無毛で光沢があることが特徴である。
(4)ヤマウルシは、@幹に近い基部の小葉が小さく丸くなること。A葉軸と小葉柄が赤褐色で目立ち、軟毛が密生すること、B葉の幅が広く、C側脈の数が6〜10対と少ないこと、D側脈と主脈の角度は45〜60°と小さいこと、などの特徴がある。
inserted by FC2 system