ケヤキ - ムクノキ - エノキ
  ケヤキ ムクノキ エノキ
ニレ科ヤケヤ属 アサ科ムクノキ属 アサ科エノキ属
葉と
@分布等:本州、四国、九州の山地に自生する落葉高木。雌雄同株。
高さ20〜25mになる。扇形に広がる樹形が特徴的。
A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-互生-きょ歯あり-単きょ歯-側脈は葉縁に達する-落葉性(図29)。

B葉は2列に互生する。
@分布等:本州(関東以西)、四国、九州、沖縄 の山地に自生する落葉高木。雌雄同株。
高さ15〜20mになる。

A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-互生-きょ歯あり-単きょ歯-側脈は葉縁に達する-落葉性(図29)。

B葉は2列に互生する。
@分布等:本州、四国、九州、沖縄 の山地に自生する落葉高木。雌雄同株。
高さ7〜20mになる。

A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-互生-きょ歯あり-単きょ歯-側脈は葉縁に達しない-きょ歯は上半部にある(図28)。
B葉は2列に互生する。
C葉は、葉身の長さ3〜12cm、幅2〜5cmの卵状楕円形または狭卵形。
D葉柄は0.1〜0.6cm。
E先端が長く鋭く尖り、基部は円形またはやや心臓形で左右不揃い。

F側脈は8〜18対で、そのほとんどが枝分かれせずに伸びてきょ歯の先端まで入る
G縁には先端は尖るが、側面が弧を描いて円くなる本種特有の粗いきょ歯がある。
H葉の表面はの濃緑色ではじめ微毛があるがのち無毛で、ややざらつく。
I裏面は灰緑色で、葉脈上に毛があり、脈腋にやや多い。

J葉柄は緑色で短毛がある。

K若い枝は暗褐色で細くジグザグに曲がる。
C葉は、葉身の長さ 4〜10cm、幅 3〜6cmの狭卵形〜卵状披針形。
D葉柄は0.6〜1cm。
E葉先は尾状にのびて鋭く尖り、基部は広い楔形か円く、左右やや不対称。基部から3行脈が伸びる。
F側脈は6〜10対で、葉縁に達してきょ歯に入る最下1対の脈は4〜5本の分枝をだす。
G縁には角ばった山形の鋭いきょ歯が全縁にある。

H表面は濃緑色で、裏面とともに短い剛毛があって著しくざらつく。
I裏面は淡緑色で、表面とともに短い剛毛があって著しくざらつく。
J葉柄は淡緑色で短毛がある。

K若い枝は淡緑色で円形の皮目が多い。
C葉は、葉身の長さ 4〜9cm、幅 3〜6cmの広卵形または広楕円形。
D葉柄は0.5〜0.9cm。
E先端は急に短く尖り、基部は楔形で左右不対称。基部から伸びる3行脈が目立つ

F側脈は3〜4対で、先端は葉縁に達しないで互いに結合する。

G縁には普通、上半分に粗いきょ歯があるが、ときに全縁のものもある。
H葉は厚く、両面ともざらつく。表面は緑色で無毛か葉脈沿いにわずかに残る
I裏面は淡緑色で葉脈沿いに毛がある。

J葉柄は緑色で上面に溝があり軟毛が密生する。
K若い枝には黄褐色のやわらかい毛が密生する。
見分け方のポイント
ケヤキ、ムクノキ、エノキは、いずれもニレ科に属し、葉の形態や表面がざらつくなどよく似ているが、次の点で見分けることができる。
(1)ケヤキは、先端は尖るが側面が弧を描いて丸くなる独特のきょ歯があり、ムクノキやエノキのような3行脈はない点で区別できる。
(2)ムクノキとエノキは、ともに3行脈があるが、ムクノキの側脈は葉縁に達するのに対し、エノキは葉縁に達しない。また、ムクノキ全縁にきょ歯があるのに対し、エノキは上半部にのみきょ歯がある。
inserted by FC2 system