キンシバイ-ビヨウヤナギ
  キンシバイ ビヨウヤナギ
  オトギリソウ科オトギリソウ属 オトギリソウ科オトギリソウ属
葉と
@分布等:日本各地 で植栽。中国大陸南部原産の半常緑性の低木。幹は株立ち状となり枝は垂れ下がる。
高さ0.5〜1mになる。
A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-対生-きょ歯なし-落葉性(図15)。
@分布等:日本各地で植栽。中国大陸原産の半常緑低木。幹は株立ち状となり枝は垂れ下がる。

高さ1mほどになる。
A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-対生-きょ歯なし-落葉性(図15)。
葉表
B葉は対生して水平につく
C葉身は 長さ 2〜4cmの卵状長楕円形。

D葉柄はない。
E先端は鈍く尖り、基部は円形または広い楔形。
F葉縁は全縁。
G葉質はやや薄く、葉の表面は緑色で無毛。
B葉は十字対生する。
C葉身は、長さ 4〜8cm、幅 1〜2cmの長楕円形。
D葉柄はない。
E先端は鈍く尖り、基部は円形。
F葉縁は全縁。
G質は薄く、葉の表面は緑色で、無毛。
葉裏
J裏面は白緑色で無毛。葉脈はあまり見えない。葉には透明な腺点が点在し、光に透かして見ると確認できる。
K枝は赤味を帯びた褐色で無毛。
J裏面は粉白色で無毛。葉脈の網目が見える。葉には多数の透明な腺点り、光に透かして見ると確認できる。
K枝は明るい茶褐色で、無毛。
 L6〜7月ごろ枝先に直径3〜4cmの黄色の花をつける。雄しべは約60本づつ、5つの束をなす。花弁はカップ状に開き、雄蕊は花弁より短い L 6〜7月ごろ、枝先に1個または数個の径4〜6cmで鮮やかな黄色の5弁花を咲かせる。雄蕊は30〜40本が5つの束になり、長さは、花弁より長く、雌蕊と同じかやや長くなる。花弁は大きく開く。
見分け方のポイント
どちらもオトギリソウ科オトギリソウ属で、葉の形、黄色の花など共通点が多いが、下記により見分けることができる。なお、園芸品種も多く紛らわしい。
(1)葉の付き方で見ると一番わかりやすい。キンシバイは平面的な通常の対生につき、ビヨウヤナギは十字対生で立体的に付く。
(2)葉の形でみると、キンシバイは卵状長楕円形で、葉の幅は基部近くが最も広いのに対し、ビヨウヤナギは長楕円形で葉の幅は中央部近くが最も広い
(3)葉の大きさは、ビヨウヤナギがキンシバイの倍ほど大きく、これも見分け方のポイントになる。
(4)花が咲いている時は明瞭な違いがある。ビヨウヤナギの花は花弁が大きく開き、雌蕊より長い雄蕊が目立つのに対し、キンシバイは花弁がカップ状に咲き、雄蕊は雌蕊より短い
inserted by FC2 system