オニグルミ - サワグルミ - ノグルミ
  オニグルミ サワグルミ ノグルミ
クルミ科クルミ属 クルミ科サワグルミ属 クルミ科ノグルミ属
葉と
@分布等:北海道、本州、四国、九州 の山地の川沿いやくぼ地など湿気の多いところに自生する落葉高木。雌雄同株。
高さ7〜10mになる。

A分類:広葉樹(直立性)-複葉-1回羽状複葉-互生-きょ歯あり(図8)。
B葉は長さ 40〜60cmの大型の奇数羽状複葉で枝先に集まって互生する。
小葉は5〜9対。
@分布等:北海道(渡島半島以南)、本州、四国、九州 の山地の川沿いに自生する落葉高木。雌雄異株。
高さ10〜20mになる。渓畔林の主要構成種の一つ。
A分類:広葉樹(直立性)-複葉-1回羽状複葉-互生-きょ歯あり(図8)。
B葉は長さ 20〜30cmの奇数羽状複葉で互生する。

小葉は5〜10対。
@分布等:本州(関東以西)、四国、九州 の山地の日当たりのよい林縁などに自生する落葉高木。雌雄同株。
高さ5〜15mになる。
A分類:広葉樹(直立性)-複葉-1回羽状複葉-互生-きょ歯あり(図8)。

B葉は長さ 20cm〜30mの奇数羽状複葉で互生する。

小葉は5〜7対。
小葉
C側小葉は、葉身の長さ 8〜18cm、幅 3〜8cmの長楕円形で、最大幅は先端寄り。大型の葉では隣の葉と基部が重なることが多い
D小葉柄はほとんど無い。
E先端は短く鋭く尖り、基部は左右不同の円形。

F縁には細かいきょ歯がある。
G小葉の表面は濃緑色で、毛は葉脈上にわずかに残り、成葉でもざらつくことが多い。
C側小葉は、葉身の長さ 5〜12cm、幅 1.5〜4cmの長楕円形で、最大幅は先端寄り。


D小葉柄はほとんど無い。
E先端は細長く鋭く尖り、基部は左右不同の円形。

F縁には鋭いきょ歯がある。
G小葉の表面は濃緑色で、長い毛が散在する。
C側小葉は、長さ 5〜12cm、幅 1.5〜4cmの披針形で、最大幅は基部寄り


D小葉柄はほとんど無い。
E先端は細く伸びて鋭く尖り、基部は左右不同の円形または切形。
F縁には細かいきょ歯がある。
G小葉の表面は濃緑色で粗毛が散生する。
小葉
H裏面は葉脈上を含めて全体に星状毛が密生する。


I葉柄と葉軸には褐色の軟毛や腺毛が密生し、ややベトつく
J若い枝は太く直径約2cmで、短毛と軟毛がある。
H裏面は黄緑色で葉脈上に短毛があり、帯黄色の油点が散在する。

I葉柄と葉軸には灰色の軟毛が密生する。
J若い枝には、はじめ褐色の毛があるが、のち無毛。2年枝は光沢があり、小さなまるい皮目が多い。
H裏面は緑色で、脈上や脈腋に短毛が多く、肉眼では見えにくいが全面に帯黄色の油点が散在する。
I葉柄や葉軸には軟毛がある。
F若い枝は褐色の軟毛が密生するが、のち無毛。2年枝には小さい楕円形の皮目が目立つ。
見分け方のポイント
オニグルミ、サワグルミ、ノグルミは、いずれもクルミ科の樹木で、互生の奇数羽状複葉、側小葉は左右不同という点で似ているが、以下の点で見分けることができる。
(1)オニグルミは、葉の長さが40cm以上の大形であるに対し、サワグルミ、ノグルミは40cm以下と小さいこと、オニグルミの葉裏には、葉柄と葉軸に星状毛や腺毛が密生してややべとつくことで、他の2種は区別できる。。
(2)サワグルミ、ノグルミでは、側小葉の形が、サワグルミは長楕円形で幅の最も広い個所が葉先に近いのに対し、ノグルミは披針形で幅の最も広い個所が基部に近いこと、サワグルミは沢沿いなど湿った個所に生育するに対し、ノグルミは明るい林縁などに生育することで区別できる。
inserted by FC2 system