オオシマザクラ - オオヤマザクラ - ヤマザクラ - カンヒザクラ
  オオシマザクラ オオヤマザクラ ヤマザクラ カンヒザクラ
バラ科サクラ属 バラ科サクラ属 バラ科サクラ属 バラ科サクラ属
葉と
@分布等:本州(房総半島、三浦半島、伊豆半島、伊豆諸島)に自生する落葉高木。
高さ10〜15mになる。
A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-互生-重きょ歯-側脈は葉縁に達しない(図26)。


B葉は互生し
@分布等:北海道、本州、四国(石鎚山)の山地に自生する落葉高木。
高さ20〜25mになる。
A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-互生-きょ歯あり-側脈は葉縁に達しないか不明瞭-きょ歯は全縁にある-落葉性(図31)。
B葉は互生し
@分布等:本州(宮城・新潟県以西)、四国、九州 の山地に広く自生する落葉高木。
高さ20〜25mになる。
A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-互生-重きょ歯-側脈は葉縁に達しない(図26)。


B葉は互生し
@分布等:本州(関東以西)、四国、九州、沖縄 で植栽。台湾、中国南部原産の暖地性の落葉小高木。高さ5〜7mになる。
A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-互生-重きょ歯-側脈は葉縁に達しない(図26)。


B葉は互生し。
葉表
C葉身は、長さ 8〜13cm、幅 5〜8cmの倒卵状長楕円形〜倒卵状楕円形で、最大幅は先端寄り。
D葉柄は長さ 1.5〜3cm。
E先端は尾状に長く伸びて尖り基部は円形、ときにくさび形。
G側脈は7〜9対。
I質はやや厚く、表面は濃緑色で光沢があり無毛。
C葉身は 長さ 8〜15cm、幅 4〜8cm の楕円形〜倒卵状楕円形。

D葉柄は 1.5〜3cm。
E葉の先端は長く尾状に伸びて鋭く尖り、基部は円形〜切形。
G葉脈は7〜10対。
I葉質はやや厚く、葉の表面は濃緑色で無毛。
C葉身は、長さ 7〜12cm、幅 3〜5cmの倒卵形〜長楕円形で、最大幅は中央〜先端寄り。

D葉柄は長さ 2〜2.5cm
E先端は尾状に長く伸びて尖り、基部は円形または広い楔形。
G側脈は8〜12対。
I表面は濃緑色で無毛
C葉身は 長さ 8〜13cm、幅 2〜5cm の長楕円形〜楕円形で、最大幅は中央〜先端より。

D葉柄は 0.8〜1cm
E先端は短く尾状に伸びて尖り、基部は心臓形〜円形。
G葉脈は8〜9対。
I表面は濃緑色で光沢があり、無毛。
葉裏
J裏面は淡緑色でやや光沢があり無毛。 J裏面は粉白緑色で無毛。 J裏面は灰緑色で無毛。 J裏面は緑色で無毛。
葉表
拡大
 F葉縁には深く鋭い単きょ歯があり、一部重きょ歯が混ざる。きょ歯の先端は芒状に鋭く伸びる  F縁には粗い三角状の単きょ歯に重きょ歯が混じり、きょ歯の先端は腺に終わる F葉縁には細くて鋭い単きょ歯または不整の重きょ歯があり、先端は腺で終わる。きょ歯の大きさは日本産サクラ類では最小。  F葉縁には細かく鋭い単きょ歯に重きょ歯が少し混じり、きょ歯の先端は葉先方向にやや伏せる
葉表
拡大2
H葉柄は無毛の上部に一対の密腺がある。
K若い枝は太く、淡褐色で無毛。
H葉柄は無毛で赤みを帯び、上部に1対の蜜腺がある。
K若い枝は栗褐色〜赤褐色で無毛。
H葉柄は無毛で赤みを帯び、上部に赤い一対の密腺がある。
K若い枝は赤褐色で無毛褐色の盛り上がった皮目が目立つ
H葉柄は無毛で、紅紫色を帯びることが多く、上端に1〜2個の蜜腺がある。
葉裏
拡大
 J裏面は淡緑色でやや光沢があり無毛。  J裏面は粉白緑色で無毛。  J裏面は灰緑色で無毛。 J裏面は緑色で無毛
見分け方のポイント
オオシマザクラ、オオヤマザクラ、ヤマザクラ、カンヒザクラは、バラ科サクラ属に属し、@蜜腺が明らかに葉柄上部にあること、A葉柄に毛がないことでよく似ているが、以下により見分けることができる。
(1)カンヒザクラは、@葉の先端が短く伸びて尖り、A葉柄が1cm以下と短いに対し、他の3種は葉の先端が長く伸びて尖り、葉柄は1.5cm以上と長いことで区別できる。
(2)オオシマザクラ、オオヤマザクラ、ヤマザクラは、以下の特徴で見分ける。
 ★オオシマザクラは、@倒卵状長楕円形〜倒卵状楕円形で、最大幅は先端寄り、A鋭いきょ歯があり、その先端は芒状に伸びる、B裏面は淡緑色でやや光沢がある
 ★オオヤマザクラは、@楕円形〜倒卵状楕円で最大幅は先端寄り、A粗い三角状のやや大きいきょ歯があり、その先端は腺に終わる、B裏面は粉白色で光沢はない
 ★ヤマザクラは、@倒卵形〜長楕円形で、最大幅は中央〜先端寄り、A細くて鋭い単きょ歯または不整の重きょ歯があり、先端は腺で終わる(きょ歯の大きさは日本産サクラ類では最小)、B裏面は灰緑色で光沢はない、C若い枝には褐色の盛り上がった皮目がある。

注:バラ科サクラ属に属し、蜜腺が明らかに葉柄上部にあるサクラとして、「カスミザクラ」があります。これは、@葉柄にしばしば開出毛があり、A葉の両面にも毛があること、B葉裏は淡緑色で光沢がある、ことで、上記4種と区別できる。
inserted by FC2 system