ヤシャブシ - オオバヤシャブシ -ヒメヤシャブシ
  ヤシャブシ オオバヤシャブシ ヒメヤシャブシ
カバノキ科ハンノキ属 カバノキ科ハンノキ属 カバノキ科ハンノキ属
葉と
@分布:本州(東北南部〜紀伊半島)、四国、九州 の山地に自生する落葉小高木。日本固有種。樹高は8〜15mになる。

A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-互生-きょ歯あり-きょ歯は重きょ歯-側脈は葉縁に達する(図25)。
B葉は互生。
@分布:本州(福島県から和歌山県太平洋側)、伊豆諸島 の沿海部の山地・丘陵に自生する落葉小高木。日本固有種。樹高は5〜10mになる。
A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-互生-きょ歯あり-きょ歯は重きょ歯-側脈は葉縁に達する(図25)。
B葉は互生。
@分布:北海道、本州、四国 の山地に分布する落葉中木。日本固有種。樹高は2〜7mになる。


A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-互生-きょ歯あり-きょ歯は重きょ歯-側脈は葉縁に達する(図25)。
B葉は互生。
葉表
葉は、葉身の長さ 4〜10cm、幅 2〜4.5cmの卵形〜狭卵形。葉柄は長さ 0.7〜1.2cm。
葉縁には細かい不揃いな重きょ歯がある。葉先は次第に細くなって尖り、基部は円形または浅い心臓形
側脈は13〜17対で直線的に並行して伸び葉縁に達し、表面で凹み裏面に隆起する。
C葉の表面は濃緑色で無毛。
葉は、葉身の長さ 6〜12cm、幅 3〜6cmのやや三角状の長卵形。葉柄は1〜2cm。
葉縁には鋭い重きょ歯があり、葉先は鋭く尖り、基部は円形で左右不揃い。

側脈は12〜16対で直線的に並行して伸び葉縁に達し、表面で凹み裏面に隆起する。
C葉の表面は濃緑色で光沢があり無毛。
葉は、葉身の長さ  4〜12cm、幅 2〜4.5cmの長楕円状披針形。葉柄は0.3〜0.8cm。
葉縁には細かい重きょ歯があり、葉先は次第に狭まって細く尖り、基部は楔形。

側脈は20〜26対と多く、直線的に並行して伸び葉縁に達し、表面で凹み裏面に隆起する。。
C葉の表面は濃緑色で無毛。
葉裏
裏面は灰緑色で無毛のものから、脈上に毛があり脈腋に特に多いものまである。葉柄にも淡褐色の毛がる。
若い枝は褐色で毛があり、2年枝は灰褐色で楕円形の皮目がある。
裏面は淡緑色で、若葉時にはわずかに毛があるが、成葉は両面無毛。秋には緑のまま落葉する
枝は茶褐色で円形の皮目が多い。

裏面は淡緑色で葉脈上に伏毛がある。


枝は暗灰褐色〜暗赤褐色で、縦長の皮目があり、若い枝では毛がある。
D果実は堅果。果穂が1〜3個付き直立または斜上する。 D果実は堅果。大きい果穂が1個付き直立または斜上する。 D果実は堅果。果穂が3〜6個付き下垂する。
見分け方のポイント
ヤシャブシ、オオバヤシャブシ、ヒメヤシャブシは、いずれも直線的な葉脈が葉縁に達する点で似るが、以下により区別できる。
(1)ヒメヤシャブシは、葉が細長く基部が楔形で側脈が20対以上と多く、果穂が3〜6個付き下垂する。
(2)ヤシャブシは、葉がに光沢がなく果穂が1〜3個付き直立または斜上する
(3)オオバヤシャブシは、葉に光沢があり、幅が広くやや三角状で、果穂が1個のみ付き直立または斜上する。
inserted by FC2 system