コクサギ(ミカン科コクサギ属)
@分布等:本州、四国、九州の山地に自生する落葉低木。雌雄異株。よく分岐し、高さ1〜2mになる。
A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-互生-きょ歯なし-下面に毛か鱗片がある-落葉性(図21)。
B葉は特殊な互生で、コクサギ型葉序と呼ばれ、左右交互に2枚ずつつく。葉身は 長さ 5〜13cm、幅 3〜7cmの倒卵形。葉柄は0.2〜0.7cm。全縁であるが、時に低いきょ歯がある。先端は短く突き出て尖り、基部は楔形。
C葉は薄くて柔らかく、表面は黄緑色で光沢があり、裏面は淡白緑色で、全面に細かい透明な油点が散在する。両面とも葉脈上に毛があるが、特に裏面脈上に多い。葉をちぎると特有の強い臭気がある。若い枝は灰白色または赤紫色で、短毛が列状に生える。
D花期は4〜5月。雌雄異株。前年枝の葉腋に黄緑色の小さな花をつける。雄花は長さ3〜5cmの総状花序に約10個つけ、雌花は直径7〜10mmで、長さ1〜2cmの花柄の先に1個つける。果実は刮ハ。3〜4個の分果にわかれ、分果は長さ0.8〜1cmで、7〜10月に淡褐色に熟す。
E名前の由来:全体に臭気があり、同じく臭気があるクサギより小型であることから「小臭木」と名づけられた。
葉表 葉裏
葉表拡大 葉裏拡大
雄花序
inserted by FC2 system