ガマズミ - コバノガマズミ -ミヤマガマズミ       - オオミヤマガマズミ - オトコヨウゾメ
  ガマズミ コバノガマズミ ミヤマガマズミ オオミヤマガマズミ
レンプクソウ科ガマズミ属 レンプクソウ科ガマズミ属 レンプクソウ科ガマズミ属 レンプクソウ科ガマズミ属
葉と
@分布:北海道(南部)、本州、四国、九州 の山地に自生する落葉中木。日本固有種。
高さ3〜5mになる。
A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-対生-きょ歯あり-側脈は葉縁に達する-落緑性(図17)。
B葉は対生する
@分布:本州(福島県以西)、四国、九州 の山地に自生する落葉低木。日本固有種。
高さ2〜4mになる。
A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-対生-きょ歯あり-側脈は葉縁に達する-落緑性(図17)。
B葉は対生する
@分布:北海道、本州、四国、九州の山地に自生する落葉低木

。高さ2〜4mになる。
A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-対生-きょ歯あり-側脈は葉縁に達する-落緑性(図17)。
B葉は対生する。
@分布:北海道、本州、四国、九州の山地に自生する落葉中木。

高さ3〜4mになる。
A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-対生-きょ歯あり-側脈は葉縁に達する-落葉性(図17)。
B葉は対生する。
葉表
C葉は、葉身の長さ 5〜14cm、幅 3〜13cmの卵形〜倒卵形〜円形。先端は急に細まって鋭く尖り、基部は円形。
D全縁に三角状の粗いきょ歯がある
E葉柄は1〜2.5cm。
F葉の表面は濃緑色で、星状毛と短い粗毛が生え、特に葉脈上に多くざらつく
C葉は、葉身の長さ 4〜10cm、幅2〜4cmの倒卵状楕円形〜卵状楕円形。先端は尖り、基部は狭い楔形〜円形。
D全縁に粗く鋭いきょ歯がある。
E葉柄は0.2〜0.6cm。
F葉の表面は緑色で、短毛と2〜4本が束になった長毛と星状毛が生え特に葉脈上に多く、触るとビロードの感触がある。
C葉身は 長さ 6〜14cm、幅 4〜9cmの倒卵状円形〜広倒卵形。先端は急に細くなって尖り、基部は広い楔形〜切形。
D全縁に浅い三角状のきょ歯がある。
E葉柄は1〜2.5cm。
F葉は表面は、緑色でほとんど無毛か長い毛を散生する。
C葉身は、長さ 6〜14cm、幅 4〜9cmの広卵形。先端は急に細まり尾状に伸びて鋭く尖り、基部は楔形。
D葉全縁に25対以上の粗いきょ歯がある。

E葉柄は1cm以上。
F葉の表面は、緑色で、表面全体に短毛と星状毛が密生し触るとざらつく。
葉裏
G裏面は淡白緑色。 G裏面は帯白緑色。 G葉裏は淡緑色。 G裏面は淡緑色。
葉裏
拡大
@基部の少し上から3〜5本の掌状脈がでる。

A星状毛と短い粗毛が生え、とくに脈上に多い。裏面には全面に細かい腺点があり、基部付近には大きい腺点が2〜3個ある。
B葉柄には粗毛が密生する。



C若い枝は灰緑色でかたい開出毛があり、ときに星状毛が混じる。
@基部の少し上から3〜5本の掌状脈がでる。

A星状毛が全面に密生し主脈上には長い絹毛がある。裏面には全面に細かい腺点があり、基部付近には大きい腺点が2〜3個ある。
B葉柄には短毛と星状毛が密生し長い絹毛が混じる。付け根に1対の針状の托葉がある場合が多い。
C若い枝は、褐色、時に黄褐色で星状毛が密生し長毛が混じり、4稜がある。
@基部からやや不明瞭であるが3〜5本の掌状脈がでる。
A脈に沿って斜め上に伸びる長い毛があり、脈腋には淡褐色の毛がかたまる。裏面全体にやや不明瞭な腺点が見られる。

B葉柄は赤みを帯びることが多く、白く長い絹毛が散生する


C若い枝は、紫褐色で長い星状毛と腺毛がある。古くなると灰黒色となり皮目を散生する。
@基部からやや不明瞭であるが3〜5本の掌状脈がでる。
A脈上に長い絹毛が多い

最下部の側脈が葉縁に向けて多数分岐
する。


B葉柄は、赤みを帯びることが多く絹毛がある。
見分け方のポイント
ガマズミ・コバノガマズミ・ミヤマガマズミ・オオミヤマガマズミは、いずれもレンプクソウ科ガマズミ属に属し、対生であること、全縁にきょ歯があり、側脈が葉縁に達するなどの点でよく似ているが、以下の点で見分ける。
(1)コバノガマズミは、葉柄が約0.5cm以下と特に短く(他の3種の葉柄は約1cm以上ある。)、また、普通には線形の托葉があること。
そのほか、若い枝が4稜であること、葉の両面に星状毛が密生し触るとビロードの感触があることで確認する。
(2)ガマズミは、葉の先端は短く尖り、葉の両面に毛があり葉柄・若い枝にも短い粗毛や星状毛が目だって多くザラつくこと。
そのほか、葉柄が赤みを帯びないことで見分け、裏面には全面に細かい腺点があり、基部付近には大きい腺点が2〜3個あることで、確認する。
(4)オオミヤマガマズミは、きょ歯の数が片側約25と多いこと。
そのほか、葉の先端が尾状に長く伸びて鋭く尖り、葉の表面がざらつき、最下部の側脈が葉縁に向けて多数分岐する ことで確認する。
(4)ミヤマガマズミは、葉の裏面の葉脈上や葉柄に斜め上に伸びる長い絹毛があること。
そのほか、葉の先端が尾状に伸びて鋭く尖り、葉の表面が無毛で、脈腋には淡褐色の毛のかたまりがあることで確認する。
注:上記以外のガマズミ属の類似種として、コバノガマズミに似て葉柄が0.3〜0.8cmと短い「オトコヨウゾメ」があるが、これは、葉を傷つけたり押し葉にすると黒変するという他のガマズミ類には見られない特徴があるので、見分けるのは容易である。また、コバノガマズミは葉柄に短毛と星状毛が密生するが、オトコヨウゾメはほとんど無毛である点で確認できる。
inserted by FC2 system