クスノキ - ニッケイ - ヤブニッケイ - シロダモ
  クスノキ ニッケイ ヤブニッケイ シロダモ
クスノキ科クスノキ属 クスノキ科クスノキ属 クスノキ科クスノキ属 クスノキ科シロダモ属
葉と
@分布等:本州(関東地方以西)、四国、九州の暖地に自生する常緑高木。古い時代に大陸から渡来したとも言われる。

高さ15〜35mになるが、稀に、50m以上の巨木になる。
A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-互生-きょ歯なし-下面に毛がない-側脈は明瞭-常緑性(図23)。
B葉は互生する
@分布等:九州(徳之島)、沖縄 の山地に稀に自生する常緑高木。西日本各地に植栽され、照葉樹林内に稀に野生化している。
高さ10〜15mになる


A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-互生-きょ歯なし-下面に毛がある-常緑性(図20)。
B葉は互生であるが、対生のものも混じる
@本州(福島県以西)、四国、九州、沖縄 の山地に自生する常緑高木。



高さ10〜20mになる。。

A分布:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-互生-きょ歯なし-下面に毛がない-側脈は明瞭-常緑性(図23)。
B葉は互生であるが、時に対生し、ほぼ、等間隔に枝につく
@本州、四国、九州、沖縄 の山地に自生する常緑高木。雌雄異株。



高さ10〜15mになる。


A分類:広葉樹(直立性)-単葉-不分裂葉-互生-きょ歯なし-下面に毛がある-常緑性(図20)。
B葉は互生し、枝の上部に集まってつく
葉表
C葉身は、長さ  5〜12cm、幅 3〜6cmの卵形〜楕円形。

D葉柄は1.5〜3.5cm。

E縁は全縁で緩やかに波打つ。
F先端は尖り、基部は楔形。

G3行脈が目立つ。2本の側脈は基部の少し上か分岐し、葉縁の中央付近まで伸びる。

H葉はやや革質で、上面は緑色で光沢があり、無毛。
I葉をもむとショウノウの匂いがする。
C葉身は、長さ 8〜15cm、幅 2.5〜5cm卵状長楕円形〜長楕円形。

D葉柄は1.3〜2cm。

E縁は全縁。

F先端は細長く伸びて尖り、基部は楔形で葉柄に流れる
D3行脈が目立つ。2本の側脈は基部の少し上から分岐し、主脈と並行して伸びて、葉の先端近くまで達する
E葉は革質で、表面は濃緑色で光沢があり無毛。

F葉をもむとニッケイの匂いが強く、咬むと食べてみるとニッケイの甘い味がする。
C葉身は 長さ 6〜12cm、幅 2〜5cm の長楕円形。

D葉柄は 0.8〜1.8cm。
E縁は全縁で少し波打つ

F葉先は長く伸びて鋭く尖り、基部は楔形。

D3行脈が目立つ。2本の側脈は基部の少し上か分岐し、葉の先端近くまでは達せず、葉の肩あたりで消える
E葉は革質で厚く、表面は濃緑色で光沢があり無毛。
F葉をもむとかすかにシナモンの匂いがする。
ニッケイのような芳香はない。)
C葉身は、長さ 6〜18cm、幅 3〜9cmの長楕円形または卵状長楕円形。
D葉柄は2〜3cm。

E縁は全縁で、縁は波打つ
F先端は尖り、基部は楔形。

D 3行脈が目立つ。2本の側脈は基部の少し上か分岐し、葉縁の中央付近まで伸びる。。

E葉は、表面は濃緑色。


F葉をもくと香りがするが、 シナモンほどいい匂いではない
葉裏
J裏面は灰白色で無毛 J裏面は灰緑色を帯び、全体に微毛がある J裏面は灰青緑色で無毛 J裏面は蝋質におおわれて灰白色で、黄褐色の絹毛でおおわれる。

拡大
K葉表拡大:枝は青色で、3行脈の分岐点にダニ部屋がある。 K裏拡大:若い枝は青色。 K裏拡大:枝は緑色で葉の付く位置で扁平になる。 K裏拡大:裏面は蝋質におおわれて灰白色で、黄褐色の絹毛でおおわれる。
クスノキ・ニッケイ・ヤブニッケイ・シロダモ は、いずれもクスノキ科の常緑樹で、葉の形や3行脈が目立つ点でよく似ているが、以下の点で見分ける。
(1)葉の付き方は、いずれも互生であるが、シロダモは枝先に集まって付く点で、他の3種と区別できる。葉の裏が著しく白く黄褐色の絹毛でおおわれることで確認する。
(2)残る3種のうち、3行脈の分岐点にダニ部屋があれば、クスノキである。
(3)ニッケイ・ヤブニッケイでは、次の特徴で見分ける。
 *ニッケイ:3行脈の2本の側脈が、主脈と並行して伸びて、葉の先端近くまで達し、葉の裏面全体に微毛があり、葉をもむとニッケイの匂いがする。
 *ヤブニッケイ:3行脈の2本の側脈が主脈と並行せず角度をもって伸びて、葉の肩あたりで消え、葉の裸面は無毛、葉をもむでもニッケイはしない。また、葉が規則正しくほぼ等間隔でついている。
inserted by FC2 system